Adobe Creative Cloudで素晴らしいフォントが使える!Adobe Fontsの紹介

先日、「Adobe Creative Cloud」に加入しました。

Adobe Creative Cloudに加入!私のパソコンでは少し重いですけど、とにかく楽しいので紹介します!

加入すると「Adobe Fonts」というAdobe社が管理している素晴らしいフォント達が使用できるようになりました。

Adobe Fontsは2019年1月時点で、【150 を超えるフォントメーカーが作成した数千に及ぶフォント】と説明があります。

有名なフォントから、変わり種まで様々です。もちろん日本語フォントもあります。

これだけのフォントがWEBサイトやデザインなどの制作に使用できるとなればそれだけでも加入の価値がありそうです。

今回は「Adobe Creative Cloud」に加入すると、どのようなフォントが使用できるのか紹介します。

気に入ったフォントの一部紹介

Marvdale

Saffran

小塚ゴシック 非常に綺麗で汎用的。様々な用途に使えそうなフォントです。

かづらき

漢字タイポス

TA-F1ブロックライン

A-OTF このフォントは有名だと思います。きれいなフォントです。

このような素晴らしいフォントが使用できるのは、非常にお得な感じがします。

どのように使うのか

加入するとインストールされるソフト、「Creative Cloud」を起動します。

下図のように「アセット」の「フォント」を表示すると少しフォントが表示されます。

ここには一部しか表示されない様ですので、「すべてのフォントを見る」をクリックしてさらにフォントを確認することができます。

「すべてのフォントを見る」をクリックすると、インターネットブラウザが起動して、「Adobe Fonts」サイトにアクセスされます。

フォント右下のスイッチのような部分をクリックすると、それだけで使用できるようになります。

下図はAdobe Photoshop(フォトショップ)というソフトの例ですが、フォント選択の欄に新しいフォントがたくさん表示されています!

さらに詳しい使用方法は、下記のリンクをクリックしてAdobe公式ページをご覧ください。

Adobe Fontsの詳しい使い方

安心のライセンス

Adobe Fontsのライセンスは下記のAdobe WEBサイトから確認できます。

https://helpx.adobe.com/jp/fonts/using/font-licensing.html

ライセンスもしっかりしているので、制作に安心して使用できるのは非常に心強いところです。

さいごに

これまで、「Adobe Creative Cloud」について、私のパソコンの性能が低く動きが遅いと書いてきました。

私のパソコンでAdobe Illustrator CCは動くのか!? 動いてビックリ!配色が便利でした! Adobe Colorテーマについて

しかし、フォント使用することに関しては、パソコンの動作が気になるようなことはないので存分に使用しています。

冒頭でも書きましたが、このフォントだけでも加入する価値がありそうです。

スポンサードリンク