手ぶれしない撮影がしたい!iPhoneの強い相棒 DJI OSMO MOBILE2 の紹介

旅行やイベントで楽しい思い出を残すために、写真や動画を撮影をすることがあります。

動画は、2・3年前であれば、大抵ハンディカメラを使って撮影することが多かったのですが、最近はiPhoneXSで撮影しています。

理由はテレビで見ても画質がそんなに悪くないというのと、保存する容量が少ないというのと、カメラを持つのが面倒だったりといろいろ思いつきます。

もうiPhoneでいいかなって思ってしまい、それからはハンディカメラは使っていません

しかし、ハンディカメラもiPhoneも撮影していて難しい部分があります。それは手ぶれです。

歩きながらの撮影や、走って追いかけるような動画の場合は、後から見てみると具合が悪くなるほど画面が揺れているものです。

三脚に固定というのが主な撮り方かなと思っていたのですが、最近「ジンバル」というアイテムを知り購入しました。

今回はスマートフォン用ジンバル「DJI OSMO MOBILE2」について紹介します。

ジンバルとは

短い自撮り棒のようなものにカメラを取り付けて、撮影する器具です。

ジンバルを使って撮影すると手ぶれがほとんどなくなります

下図のような製品です。

※画像をクリックするとAmazonのページへジャンプします。

今回紹介するジンバルをなぜ選んだか

DJIというメーカーの「OSMO MOBILE2」です。(オズモモバイルと言うようです)

こちらはスマートフォン用のジンバルとなります。

同じような製品の別メーカーが販売している「ZHIYUN Smooth 4」という製品もあり、ほとんど同じもののようです。

私は購入の際、この2つの製品をを入念に調べて、機能や撮影後の動画などを確認しました。

ほとんど差が無かったのですが、ほんの少し、もしかしたらほんの少しだけ「ZHIYUN Smooth 4」の方が「OSMO MOBILE2」より手ぶれしないかもと思っていました。

ですが、購入したのは「OSMO MOBILE2」でした。

それはボタンの少なさでした。

「ZHIYUN Smooth 4」はボタンが多く、機能の充実を私にアピールしてくるのですが、どうにも覚えるのが大変そうな気がして委縮してしまいました。

対して、「OSMO MOBILE2」はボタンが2つとコントローラみたいのが1つでシンプル!

値段もほとんど両者同じなのですが、私は「OSMO MOBILE2」を選びました。

ルートさん

左が「OSMO MOBILE2」 右が「ZHIYUN Smooth 4」です。

※画像をクリックするとAmazonのページへジャンプします。

撮影しました

下記動画はiPhoneXSを手で持って撮影した状態と、ジンバルに取り付けて撮影した比較動画です。1分ほどです。

ジンバルはトロッコに乗って撮影してるような感じに撮れていて、とても楽しめました。

後日動画を確認しても具合悪くならずに、快適に見ることができました。

ジンバルでの撮影は非常におすすめです。

さいごに

使用した感想としては、歩いたときより、走ったときの方がより効果を実感できました。

「Go Pro」などのアクションカメラを使ってアクティブなことをすると、もっと活躍するかもしれません。

運動会での撮影とかですごく効果を発揮するんだろうなと感じました。

何より撮影していて楽しいのがこの製品の一番の良いところかもしれません。

 

今回紹介したジンバルです。

下記ボタンをクリックすると、Amazonの商品ページへジャンプします。

 

スポンサードリンク