macでベジェ曲線が描けるソフト「Graphic」を紹介

macでベジェ曲線を使ったソフトといえば「Adobe Illustrator(イラストレーター)」ですが、私は高額なので使っていません。

Illustratorほどの機能は使わないため、今回紹介するソフト「Graphic」で満足しております。

とても使いやすいのでお勧めです。

今回はGraphicの購入に迷われている方に向けて、私がよく使う機能を紹介します。

注意点

紹介するソフトは有料アプリです。

2017年7月時点で3600円です。

※「Pixelmator」の紹介もしてます。ページはこちら

AUTODESK社の「GRAPHIC」

トレースするときや、一から書くときなどとにかく絵を書くのに適してきます。

もちろん描いた絵は拡大してもぼやけることはありません。

ペンツール

細かくトレースするときに使います。

まずは直線で書いてから、「パス選択ツール」、「アンカーの切り替えツール」で曲線にしていきます。

鉛筆ツール

大まかに描くときに使います。私はペンタブを使っていないのでマウスで描くのですが、がたがたの線になってもいい具合に曲線にしてくれます。

そのあとで「パス選択ツール」、「アンカーの切り替えツール」で曲線にしていきます。

パスを結合

図形を合体するときに使います。合体だけではなく、切り取りなどもできるのでよく使います。

レイヤー

もちろんレイヤー機能もついています。レイヤー内の描いたものも1つずつ選べるので便利です。

ガイド

こういうソフトにはガイドが必要です。そして吸着が必要です。もちろんその機能はあります。

キャンバスのサイズ変更

後でキャンバスのサイズを変更することもできます。

フォントをアウトライン化

この機能はロゴを作るうえで大変便利なのでよく使います。

書き出し

形式を選択してエクスポートもできます。

レイヤーごとに出力することもできるので、部品ごとにファイルにするのも容易です。

補足

書き出せる形式

PSD、PDF、SVG、PNG、GIF、JPEG、TIFF

また、解像度を変更してから出力できますし、サイズも%で変更して出力できるのはとても便利です。

さいごに

iPad版も販売されています。mac版とさほど変わりない機能が使えるのでビックリです。興味がある方はぜひ購入をお勧めします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク