計算が得意!プログラミングをしよう!スクラッチ6

スポンサードリンク

[childpg]

これまではマウスやキーボードなどのパソコンの使い方や、ネコとアビーを会話させてみたりと少しがんばってきました。今回はこれまでとくらべて、簡単なプログラミングですが、ネコがどれだけ算数が得意なのか、ためしてみたいと思います。

今回のプログラミング

ルートさん
ネコに足し算を答えていただきましょう。

1.「イベント」をクリックして、「このスプライトがクリックされたとき」ブロックをドラッグして、右側にドロップします。

 

復習

マウスを「カチッ」と一度押すこと→「クリック

ネコやブロックの上でマウスの左ボタンを押しながら、動かすこと→「ドラッグ

動かした後でマウスの左ボタンを離して、ネコやブロックを置くこと→「ドロップ

ルートさん
パソコンをつかうときに、とても大切になるので忘れないでね。

2.「見た目」をクリックして、「Hello!と言う」ブロックをドラッグして、「このスプライトがクリックされたとき」ブロックの下に合体してください。

3.「演算」(えんざん)をクリックして「〇+〇」ブロックをドラッグして、「Hello!と言う」ブロックの「Hello!」のところに合体してください。

4.「〇+〇」ブロックの〇部分をクリックして、キーボードで数字をいれます。

〇部分をクリックしたら、数字がいれられるでしょうか。画面の右下を見てください。「A」と書いてあれば数字がいれられますので次に進みます。

ルートさん
画面右下が「あ」の時は「全角(ぜんかく)」という大きな文字、「A」の時は「半角(はんかく)」という小さい文字になります。

コンピューターが足し算をするときはおもに「半角(はんかく)」の数字を使います。

5.「256」と「64」といれてみます。

6.これで完成です。今回は、「このスプライトがクリックされたとき」「(256+64)と言う」のような言葉を伝えました。ネコは答えを言ってくれるでしょうか。

ルートさん
問題です。「256+64」の答えを言うブロックは「演算(えんざん)」にありました。「256+64は?」と問題を出すときはどのブロックを使うでしょうか。わかるかな?

動かしかた

ネコをクリックしてください。答えはあってますか?

さいごに

他にも「〇ー〇」でひき算、「〇*〇」でかけ算などもすぐに答えを言ってくれます。コンピューターは算数がとてもとくいなのです。ほかの数字もいれて、どのくらい計算がとくいなのか自分でたしかめてみましょう。

今回のまとめ

スポンサードリンク