私の場所は?プログラミングをしよう!スクラッチ21

スポンサードリンク

[childpg]

スプライトを動かすとき、元に戻すときなどに、スプライトの場所を知りたい時があります。スプライトの場所がわかるようになると、ゲームを作るときにとても役に立ちます。

スクラッチでは、「スプライトの場所」は、2つのすうじが組み合わさってできています。

x座標(エックスざひょう)というすうじと、y座標(ワイざひょう)というすうじの2つです。

今回は「スプライトの場所」をあわらす、2つの座標(ざひょう)についてしょうかいします。

ルートさん
座標(ざひょう)というのは場所のことです。x(エックス)はよこy(ワイ)はたてのことです。

今回のプログラミング

ルートさん
ネコがどこにいるのか座標(ざひょう)でおしえてもらいます。

1.下の図のようにブロックをくみあわせてください。

2.完成です。「スペース」を押すとネコが立っている場所を教えてくれます。

動かしかた

緑のはた「」をクリックしてから、「スペース」を押してください。

ネコをドラッグして別の場所におき、スペースを押すと、ちがうすうじを言います。

ネコはなにをいってるの?

ネコは自分の場所を言ってます。スプライトのいる場所は、「x(エックス)」と「y(ワイ)」の2つのすうじであらわします。

ルートさん
下の図のようにマウスのやじるしの場所が書いてあります。

このように、x(エックス)は、右にうごくとがふえて、左にうごくとへります。

y(ワイ)は上にうごくとがふえて、下にうごくとへります。

たてがx(エックス)、よこがy(ワイ)になります。

 

よこのうごき

ルートさん
マウスと同じように、ネコの場所も決められています。よこのうごきはx(エックス)ですね。

 

たてのうごき

ルートさん
たてのうごきはy(ワイ)ですね。

さいごに

たてと、よこのうごきを、すうじであらわすと、たし算やひき算で計算しながら動かすことができます。素早く動かしたり、ゆっくり動かしたいときの計算を考えてみましょう。

スポンサードリンク