変数は箱?プログラミングをしよう!スクラッチ10

このページは、プログラミング学習をするためのウェブサイト「Scratch(スクラッチ)」を使ってせつめいしています。Scratch(スクラッチ)のウェブサイトは下のボタンをクリックしてください。

プログラミングには「変数(へんすう)」というしくみがあります。変数を使うと、一か所にすうじや文字を集めておくことができます。変数は、すうじや文字をしまっておく箱です。これからよく使うことになりますので、少しずつ慣れていきましょう。

今回は、変数を使って中にすうじをいれます。中に入れたすうじが変わっていくところを見てみましょう。

今回のプログラミング

ルートさん
今回は、キーボードのスペースを押した回数を、箱にしまうようにプログラミングします。

1.変数(へんすう)を作ります。「データ」をクリックして、「変数を作る」をクリックします。変数の名前をいれてから「OK」をクリックすると、変数が出来上がります。

2.ネコに下の図のようにブロックを並べてください。

3.以上で完成です。ネコにスペースを押した回数を考えてもらうように使えました。

動かしかた

ネコをクリックしてください。そのあとで、キーボードの「スペース」を押すと、押した数をネコが考えてくれます。

ルートさん
キーボードのボタンは長く押すことは、何度もくりかえし押すのと同じです。スペースを長く押すと、ネコの考える数はどんどん大きくなっていきます。

プログラミングのながれ

1.さいしょに「変数(へんすう)」をからっぽにします。

2.くりかえし、してほしいことを「ずっと」ブロックの中に入れます。

3.スペースが押されたら、押した回数を、変数にしまっていくようにしています。

ルートさん
変数の「押した回数」には、さいしょに「0+1」からはじまって、スペースが押されるたびに「1+1」、「2+1」….というように計算されています。

さいごに

ゲームを作るプログラミングでは、変数はすうじや文字だけではなく、てきキャラクターや、ひっさつわざなどをいれたりすることもあります。とてもべんりにつかうことができますので、おぼえておくとよいでしょう。

今回のまとめ

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク