計算できない?全角、半角の違いがわかるようになろう!

パソコンを使って文章を書いていると、同じ文字やすうじでも、よく見ると形や大きさが違うことがあります。

これは「全角(ぜんかく)」と「半角(はんかく)」という文字の違いのせいです。

主に、全角は日本語を入れる時に使います。半角はえいごを入れる時に使います。

Scratch(スクラッチ)でも、全角、半角の区別があります。

今回はパソコンの全角、半角の文字が、スクラッチにどのような影響があるのかを説明します。

プログラミングは半角の英語、数字を使う

スクラッチでは、ブロックに文字をいれることがあります。文字を入れるときは、キーボードをそうさして、全角や半角の文字を入れます。

お仕事で使うプログラミングは、主に半角だけでプログラミングします。日本語を使う時などは全角を使いますが、ほとんどが半角です。

数字に注意!

スクラッチでは、全角のすうじと、半角のすうじが入れられます。

たし算や、ひき算をするときのすうじは、必ず「半角」で入れましょう。

全角で入れると計算できません

文字としての数字

計算をしないときの、日本語の中に入れるような数字は、全角でもよいです。

ルートさん
お仕事のプログラミングでは、全角文字を使うときに「”もじ”」や「’もじ’」のように「”」や「’」を文章の最初と最後にいれます。

全角、半角の変更方法

変更はキーボードを使って行います。

下の図はキーボードを使った、全角、半角の切り替え方法です。

さいごに

プログラミングの話ではないのですが、

お仕事で文章を書いていると、半角と全角をまぜて使います。

小さい半角の数字がいいか、大きい全角の数字がいいかを、文章の見た目を考えながら使い分けます。

文章のバランスや、読みやすさを考えて使い分けましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク