激おすすめ!私が使う便利すぎるソフトの紹介[Mac編]

先日Windowsのフリーソフトを紹介しました。どれも毎日使う便利ソフトなので紹介しました。今回はそのMac編です。

業務でWindows、Macの両方を使う私なので、Macにも毎日使うソフトがインストールされています。Macの場合はフリーソフトだけではなく「Mac App Store」で購入した有料ソフトを含めて紹介します。「Mac App Store」で購入した有料ソフトは低価格で多変便利なソフトがたくさんあるのでお勧めです。また、有料の場合は時期によってセール価格になることがあります。私はセールで購入することが多いです。

注意点

今回紹介したソフトのダウンロード方法は執筆時点の方法です。時期やバージョンによってダウンロード方法が異なる場合がありますのでご注意ください。

CotEditor

文字を打つのに使うソフトです。メモ帳、ワードなどよりももっとあっさりした感じの文字を打つだけのソフトです。パソコンでシステム開発をしている時に主に使います。文字コードなどを簡単に変換できるので便利です。Windowsのサクラエディタの感覚で使います。

※上記ボタンはMacでクリックしてください

Skitch

Macの画面をキャプチャーして書き込みをして保存したりメールで送ったりするのに便利です。画像完成までのスピードが速いのでとにかく急いで教えたりするときに重宝します。

Pixelmator [有料です]

絵を描くソフトです。写真を加工するのに便利です。似ているソフトでいうと「Adobe Photoshop」のような感じです。Photoshopは高機能、高価格なのでそこまで必要ない場合はお勧めです。私はPhotoshopも好きですが、このソフトも使いやすくて好きです。画像へのエフェクト画面がMacらしい一風変わった感じなのも好きです。

このソフトはベジェ曲線も使えるので、少し「Adobe Illustrator」っぽくも使えなくはないです。マウスでなだらかな線がとても書きやすいのと「psd形式」で書き出せるのでPhotoshopを持っていない私には手放せないソフトです。

Graphic [有料です]

こちらは私がMacで最も使うソフトです。「Adobe Illustrator」のような感じです。私の場合はこのソフトを主に使いながら、足りない部分を上記Pixelmatoreで補って画像を完成させています。操作がしやすく、マウスで絵を描くには適していると思います。

Prepo

作成したアイコン画像を様々なサイズに自動変換して書き出してくれるソフトです。iPhoneアプリの開発時に使っていたのですが、それ以外にもブログやSNS素材の作成時に重宝します。一発で様々なサイズの画像がふぉるだに書き出されるので早くて気に入っています。

アニメ画像に変換する君

作成したpngファイルからapngという動画風形式に変換するソフトです。LINEの動くスタンプ用として作成するとLINEのガイドラインに反していないか軽くチェックしてくれる配慮がめちゃくちゃ大好きです。手放せません。

さいごに

先日Windowsで紹介した「Inkscape」「gimp」にはMac版もあります。もちろんフリーソフトですし高機能ですが、なぜかMacでは使いにくい印象があり、使っていません。私は絵を描く職業ではないので今回紹介したソフトは機能的に十分すぎるほどです。

また、今回は紹介しませんでしたが、Macでは純正ソフトで粗方間に合います。ドキュメント、音楽、動画、表計算、プレゼンテーション、iPhoneアプリなどあらゆることがMac純正ソフトで高クオリティに作成できます。Macは純正ソフトがとても素晴らしいので機会があれば紹介いたします。