iTunesがインストールできない?Windowsでの解決方法

iTunesとは

iTunesは音楽を聴いたり、アプリをダウンロードしたり、iPhone、iPadと同期したりします。中でも重要な機能として、iPhone、iPadのデータを保存してくれる、バックアップ機能を良く使うのではないかと思います。

iPhone、iPadになにかトラブルがあったとき、場合によっては初期化をすることが良くあります。初期化をした後に、バックアップデータを復元するのにもiTunesはとても便利に使うことができます。

また、WindowsパソコンにUSBケーブルでiPhone、iPadを繋いで使うときもiTunesをインストールすることで、パソコンが認識をしてくれるようになります。

パソコンが認識しない

パソコンにiTunesをインストールしても、iPhone、iPadを認識してくれず、途方にくれるケースがあります。この場合はiPhone、iPadをパソコンに接続して、デバイスマネージャーを開いてみてください。

デバイスマネージャーはスタートメニューを右クリックすると一覧にあります。

デバイスマネージャーを見る

デバイスマネージャーのUSB欄に「Apple Mobile Device USB Driver」という名称が見つからない場合は、このドライバを提供しているiTunesが原因です。iTunesのインストールにしっぱいしていると思われます。

インストールが失敗しているのかわからない

何度インストールしても正常にインストールされたかのように振る舞うことがあります。Windowsの他の機能が邪魔している場合がありますので、ウイルス対策ソフトなどをいったん終了してからiTunesを再インストールしてください。

ウイルス対策ソフトの種類によってはアンインストールをすることもあるようです。

ケーブルを疑う

デバイスマネージャーのUSB欄に「Apple Mobile Device USB Driver」という名称がある場合は、ケーブルやパソコンのUSB差込口、iPhone、iPadの差し込み口が破損していないかチェックする必要があります。意外とケーブルが破損していたりすることもあります。充電できるかどうかでチェックをしてみてください。

抜き差しするとうまくいくこともよくある

最初は認識されなくても、iPhone、iPadをケーブルから抜き差しすると認識されることがよくあります。腑に落ちませんが、よくある解決法です。

さいごに

最終的にはサポートセンターに問い合わせるのが一番だと思います。時間ばかりかかって解決できなければ不安やストレスが溜まってきますので思い切って電話かメールでサポートを受けましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク