無料で絵を描く!Windows10で使えるイラストレーター的ソフト「Inkscape」について

パソコンでデザインやイラストを描くソフトといえば、Adobe Illustrator(アドビ イラストレーター)です。

プロでも使っています。

しかしこのソフトは金額が高くとても手が出ないと感じる方が多いかと思います。

そんなときは「Inkscake」というソフトを使ってみてはいかがでしょうか。

使い勝手はイラストレーターに劣ると感じますが、高機能で使い方になれるとイラストレーターより作業がはかどるかもしれません。

今回は「Inkscape」を紹介いたします。

ダウンロードはこちらからできます。

公式ページ

https://inkscape.org/ja/download/

下図のようにMicrosoft Store(マイクロソフトストア)からでもインストールできます。

ベジェ曲線が使える

イラストレーターを使っていて楽しい機能といえば私はベジェ曲線なのですが、Inkscapeでも使うことができるのです。

書いた後の変形もできます。

下図のようにポイントを選び、変形のボタンをクリックするとハンドルが現れて、曲線を好きにできます。

これで好きな形にデザインできます。

機能は盛沢山

キャンパスを重ねるようなイメージで使える、「レイヤー」機能はもちろんのこと、ガイド線やグリッド線を設定して、その線に絵や図形を吸着させることもできます。

文字を変形させたり、絵に対してフィルターという加工を施すこともできます。

イラストレーターと比べて何ができないのかわからないくらい機能があります。

パレットを自分で設定しにくい

こんなInkscapeですが、私が使っていて少し不便に感じたのは、よく使う色をあらかじめ設定ておくパレット的なものがなく、パレットを作ろうとすると少し専門的な知識が必要になってきてしまいます。

そこだけが不便に感じています。

無料なので使ってみよう

ソフトにお金がかかるのでデザインやイラストを躊躇しているのであれば時間がもったいないです!

まずはこのソフトを使ってみましょう。無料です。

さいごに

私のブログはほぼすべての画像がInkscapeで書いたり加工したりしています。大変お世話になっています。

このソフトがどれだけ普及しているのかわかりませんが、とても使えるので広めたいと思い、今回記事にしました。

みなさんも使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク