Dropboxが便利すぎる!ファイル共有やバックアップの用途でおススメなわけ!

作業の関係で、パソコンを複数台同時に使うことが増えてきました。

「Windows10が複数台」であれば簡単にファイルの共有ができますが、macとWindows10を複数台となると少し面倒です。

こんな時は、いくつかファイルをやり取りする方法があります。

  • USBメモリを使う
  • 外付けハードディスクを使う
  • ネットワークハードディスクを使う
  • macとWindows10でファイル共有できるように設定する

など

色々方法はありますが、「Dropbox」を使うことをお勧めします。

このサービスはパソコン同士のファイル共有的な働きと、バックアップ的な働きをするのでとても便利です。

最近使い始めたのですが、とても便利だったので今回は「Dropbox」を紹介いたします。

注意点:

パソコンやスマホなどはすべてインターネットにつながることが前提となっておりますので、ご了承ください。

Dropboxとは

インターネット上にある保存容量です。写真やファイルを保存できます。

Dropboxへはこちら

1つアカウントを登録

必要項目に入力してアカウントを登録するか、もしくは「gmail」などのgoogleサービスを使っている場合はそのgoogleアカウントで登録できます。

ルートさん
パソコンの台数分アカウントを登録する必要はありません。1つだけで大丈夫です。

アプリを入れる

Windows、mac、スマホなど、使うコンピューターすべてにDropboxのアプリを入れます

上記例はWindows10にて、ダウンロード、インストールしています。macもほとんど同じような感じでダウンロードできます。

スマホはアプリをダウンロードする「App Store」や「Google Play ストア」などからダウンロードしてください。

アカウントを設定する

上記で登録したアカウントをすべてのDropboxアプリに設定します。

Dropboxのフォルダが表示される

パソコンにはDropboxのフォルダが表示されます。この中に共有したいファイル、フォルダを入れていきましょう!

すぐに別のパソコンにも保存される!

Dropboxのフォルダにファイルを入れると、「同期」という現象が起きます。インターネットを通じて他のパソコンのDropboxのフォルダも更新されるのです。

同期とは?

同期が早い!

実際の同期は下図のようにワンテンポくらいで同期されます。非常に便利!

ルートさん
重たい動画などは同期に時間が必要なので注意ですが、軽いファイルのやり取りは快適に行えます。

もしもの時のバックアップにも

パソコンが万が一壊れてしまったときでも、インターネットにあるDropboxにはファイルが残っています

新しいパソコンにDropboxアプリを入れて、上記で取得したアカウントを設定することでファイルがダウンロードされて元の状態に戻ります

このように万が一の時のためのバックアップとしてもDropboxは役に立つのです。

ルートさん
手動でファイルを消してしまうと、すべてのパソコンからそのファイルは削除されますので、ご注意ください。

さいごに

パソコンを作業用途によって使い分けている場合などは、Dropboxを使ってファイルを同期すると、とても便利です。

私の場合はMacで画像を作って、Windows10で編集というような流れが多いので、画像ファイルのやり取りにDropboxを活用しています。

無料で利用できるので気軽に利用して、使い勝手を試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク