Bluetoothイヤホンを使ってみました

自宅でiPhone、iPadで音楽や動画を視聴する機会が大変増えてきております。私などはほとんどテレビを見なくなってしまいました。また、通勤で電車に乗っているときや休憩中も視聴する機会が増えていて、ここで1点不便な部分がイヤホンのコードです。

iPhone、iPadに最初から付属しているイヤホンは大変出来がよく、絡まってもほどきやくすて大変便利ですが、ワイヤレスというものがこの世にあるなら使ってみないとと思い、Bluetoothイヤホンを購入しました。

そんなに高価なものではなく、Amazonでの評価もよいほうでしたので、下図のイヤホンを早速購入しました。今回は部屋で使用するため、本体からイヤホンまでの距離が最大3メートル程度離れても聞けることを期待して購入しました。

届くとイヤホン本体、充電するためのUSBケーブル、耳の穴に合わせるシリコンゴムなど必要なものはすべてそろっておりました。

充電をして、初めてのペアリングをしてみました。

ペアリング方法

1.iPhone、iPadの「設定」をタッチ

2.「Bluetooth」をタッチ

3.オンにします。

4.イヤホンの「〇」ボタンを長く押します。すると「パワーオン」(恐らく女性の声)と言われますが、まだボタンを押し続けます。すると「ペアリング」と言われます。ここでボタンを離してください。

5.iPhone、iPadの画面を見るとイヤホンの名前が表示されます。そこをタッチしてください。

6.「コネックティッド」と聞こえましたら開始作業は完了です。

補足:終了方法

イヤホンの「〇」ボタンを長押しすると「パワーオフ」と言われます。これで終了が出来ました。

補足:次回接続

次回からは「パワーオン」と言われたらボタンを離してください。自動的に接続するようです。

使用感 iPhone6の場合(シリコンケース装着済み)

これが一筋縄ではいきませんでした。試したことは下記になりますがBluetoothイヤホンてこんなものなのかなと感じました。※下記の距離は30㎝定規で測った大体の距離です。

正面30cmで聴く

AppleMusicをiPhoneを見ながら30cmで聴きました。良く聞こえました。音質はよくわかりませんが特に普通に聞けます。

30cmから50cmに離す

離すと2回ほど音が途切れましたがよく聞こえました。

手にiPhoneを持ってまっすぐ横に腕を伸ばす。

右手に持つとiPhoneの角度によってはぶつぶつ途切れたり聞こえなくなったり、いい角度だとよく聞こえました。左手に持つとほとんど聞こえませんでした。※60cm程度離れています。

リュックに入れる

iPhoneが入口付近に収納できる通常売ってるリュックにiPhoneを収納して聞いてみましたが、これもやはりぶつぶつ音が切れて聞けたものではありませんでした。※40cm程度離れています。

ケースを外す

iPhone6はシリコンのケースに入れていましたので外してみると気持ち改善された感じがありましたが気のせいかもしれません。3mも離れると途切れてしまい、気持ちよく聞けませんでした。

使用感 iPad Mini4の場合(プラスチックケース装着済み)

目立って聞こえなくなったり、途切れることはありませんでした。本人が移動するときにぶつぶつと切れることがありますが、あまり気になりませんでした。3m離れても十分使用できます。

使用感 Androidスマートフォンの場合(ケースは使用しておりません)

使用した機種は「ZTE Blade E01」というハイスペックではないスマートフォンです。結果はiPhone6、iPad mini4よりもクリアに聞こえました。しかも動いても全く途切れません。ああ~このスマホのためにこのイヤホンがあるんだなぁ~と思い感動しました。

さいごに

我が家では今回購入したイヤホンはAndroidスマートフォン専用という位置付けになりました。ワイヤレスの良さは本人が自由に動けることですので、右耳近くに配置しないと聞こえないiPhone6には向いていない感じでした。今回はこの1商品で試しましたので他の製品はわかりませんが、いきなりインターネットから購入するのは危険な感じがしました。購入の際は店頭へ行って自分のスマートフォンとペアリングし、製品を試してみることをお勧めします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク